任意売却が可能となる期間

住宅ローンの返済がどうしてもできそうにないという場合。対象となっている物件を売却してしまって返済を行うという方法があります。

 

それが任意売却というものですね。

 

 

しかしこの任意売却という方法はいつでもできるというわけではありません。

 

返済がある程度延滞してからでないと金融機関は任意売却を認めてくれません。

 

任意売却が可能となる期間というのはこれといって定められているわけではありませんが、一般的には3ヶ月から6ヶ月程度とされています。

 

つまり、返済が滞りだしてから長ければ半年程度は経過しないと任意売却が可能とはならないということであり、その間にもし購入したいという人が見つかったとしても契約をすることはできないということです。

 

不動産というのは価値が変動するものですし、待たなければいけないのであれば他の物件を購入しようなんていうケースもありますから、長く待たされるというのはいろいろとマイナスがあります。

 

ただ逆に言えば返済が滞ったとしても任意売却によって購入者との契約が締結するまでは短くても3ヶ月、長ければ半年程度の間はそのままその家に住み続けることができる可能性も高いということになるわけです。


このページの先頭へ戻る