任意売却で気をつけたいこと

任意売却で気をつけたいことの一つとして任意売却が行える期間というものがあります。

 

任意売却はいつでもいつまでも可能というわけではありません。

 

 

ローンの返済が滞っているわけですから金融機関は待ってくれませんし、競売が行われれば他の方法で売却することはできません。

 

とは言っても競売の手続きが始まった時点ではまだ任意売却を行うことは可能です。

 

実際には競売の開札期日の前日までは任意売却が可能となっています。

 

しかし開札期日になってしまうと不可能になりますし、最近では競売の手続きを開始したら任意売却は受け付けないという金融機関も多いですから気をつけなくてはいけません。

 

当然競売で売却するよりも任意売却の方が高く売ることができる可能性も高いわけですが、買い手がいなくては話になりません。

 

売却の申し出をしてもすぐに買い手が見つかるとは限らないわけですから、できるだけ早い段階で任意売却の手続きを進めなければいけないということになりますね。
任意売却には物件の診断や調査など調整に時間を要しますから、最低でも開札期日の1ヶ月前までには任意売却の手続きを始めていないと間に合わないということは知っておきましょう。


このページの先頭へ戻る