任意売却で債務がゼロになるとは限らない

夢のマイホームを住宅ローンを利用して購入したは良いが、様々な事情があって返済ができなくなったというケースも少なくありません。

 

そういった場合に任意売却をするというのも選択肢の一つかと思います。

 

しかし任意売却で債務がゼロになるとは限らないという点は気をつけなければいけません。

 

 

売却金額によっては債務が残る可能性も少なくありません。

 

そうなった場合には残債整理をしなければいけませんが、当然借金をチャラにしてくれなんていう都合の良い事はできませんよね。

 

かと言って一括で払えと言われても払えるはずがありません。払えるくらいなら任意売却なんてしませんよね。

 

こういった場合はどういった金融機関で住宅ローンを組んでいるかにもよりますが、その後は無理のない範囲で返済をしていくという形になります。

 

稀に債務がなしになるということもあるようですが、本当に稀ですので、そういったケースに期待してはいけません。

 

つまり、任意売却は競売と比べれば高値で売却できる方法ではありますが、任意売却を行ったとしてもそれでローンがチャラになるということではありませんから、残債の返済についてもちゃんと考えておかなくてはいけないということです。

 

債務整理の相談先はこちら

http://www.sergs2010.org/


このページの先頭へ戻る