任意売却で失敗することもある

住宅を購入するとなった場合に多くの方は住宅ローンを利用されるのではないでしょうか。当然ローンを利用するということはきちんと返済できることが前提となります。

 

しかしそんな契約をしてから年月が経過すれば状況も変わり、中には返済ができなくなってしまうという方も少なくないです。

 

返済ができなくなってしまうと、担保となっている物件を売却することになってしまいます。

 

 

売却の方法は競売というのもありますが、基本的に任意売却の方が高く売れる可能性が高いためこちらを選ぶ方がほとんどでしょう。

 

しかしメリットしかないような任意売却で失敗することもあるということは認識しておいた方が良いかもしれません。

 

任意売却をする際には専門の業社を利用することになるかと思いますが、その業社が信頼出来るかどうかの判断が重要です。

 

任意売却を扱う業社の中には現実的には考えられないような引越し代や成約の礼金などを受け取ることができると掲載して勧誘している場合があります。

 

数年前であれば確かにそういったこともあり得ましたが、現在はまず考えられません。

 

そういった一見おいしい話には必ず裏があると考えて慎重に業社を選ぶように心がけておきましょう。


このページの先頭へ戻る