任意売却で住宅ローンはなくなる?

住宅ローンの支払が厳しくなった場合、どうしますか?

 

まず、家計を引き締めてローン支払の原資を捻出しようとするでしょう。
しかし、住宅ローンの返済期間は10年単位ですから、小手先の節約術では対応できません。

 

それより、住宅を売却してしまった方がいい結果を導くことが少なくありません。

 

もっとも、住宅ローンを組んでいる以上銀行の担保が入っているため簡単には売れません。
そこで、任意売却と言われる方法で住宅を売却してローンを完済してしまうのです。

 

思い入れの深いマイホームでしょうが、支払ができないまま放置するとマイホームが競売にかけられ、文字通り家から追い出されます。

 

早い対応が必要なのです。

 

もっとも、任意売却はどの不動産屋でもできるわけではありません。

 

銀行との協議が必要ですし、買取のため資金も必要です。
もっとも、そのような不動産屋があった場合、早めに相談することで最悪の結果を回避することが可能です。

 

住宅ローンをやめることは自分も家族も心の負担が大きくなります。子供を転校させる必要が生じることもあり、不安が多いでしょう。
しかし早めに決断することで少しでも有利な条件で任意売却をすることが可能になり、住宅ローンがなくなります。


このページの先頭へ戻る