任意売却時に気をつけたいこと

住宅ローンを利用して住宅を購入した人は多いでしょう。誰でも借入をするときは審査を通って利用しているので返済できる経済状況なはずなのですが、いろんな事情でそのうち返済ができなくなってくることもあります。そうなるとその対象の物件を売却しなくてはいけないということもあります。

 

物件売却の方法としては競売が知られていますが、競売ではどうしても安くなってしまうので任意売却を行うのがオススメとなります。しかし任意売却時に気をつけたいことというのもいくつかあります。

 

任意売却時に気をつけたいこととして例えば購入希望者の内覧に強力する必要があるということです。売却をするまでは自分が住み続けることもあるでしょうけれど、誰かに購入してもらうためには家の外はもちろん中もきっちりみてもらう必要があります。

 

そうなると少しでも高く買ってもらう、あるいは買おうと決意してもらうためには良い物件だと思わせる努力が必要となります。そのためにはきちんと掃除をしたり見た目をキレイにしてよく見せなければいけません。場合によってはどういった点が良い物件なのかということをアピールする必要もあるでしょう。競売は放っておけば勝手に売れていくものですが、任意売却はこの点に気をつけましょう。


このページの先頭へ戻る