非常に難しい。方法はあるの??

離婚する際の住宅ローン名義変更はできるのでしょうか。

 

住宅ローンを組む時に、金銭消費貸借契約書では、

 

ご主人が主債務者で奥様が連帯保証人というパターンや、

 

ご主人と奥様が連帯債務者というパターンがあります。

 

ご主人が主に働いているとして、

 

奥様にも収入があるかどうかによってその形態が異なります。

 

このような契約をしていたとして、その後夫婦が離婚してしまったら、

 

この契約はどうなってしまうのでしょうか。

 

例えば、別れた奥様はこの契約書から名前を抜くことができるのでしょうか。

 

結論から言いますと、非常に難しいでしょう。というのも、

 

夫婦が離婚するかどうかという事情は、

 

債権者のお金を返済してもらうという事情に

 

何ら関係がないからです。離婚しようが、元夫婦のどちらからでもいいので

 

満額の回収ができればいいのです。

 

とはいえ、そのあたりは債権者の方針によるところですので、

 

離婚するということになった際に、銀行に相談してみるのがいいでしょう。

 

別の方を連帯保証人や連帯債務者に加えることによって、

 

元奥様の名前を抜くことができるかもしれません。

 

このように、債権者の方針により異なるところがあるということです。


このページの先頭へ戻る