窓口に相談

離婚するので住宅ローンの連帯保証人から抜けたいという場合はどのようにすればよいのでしょうか。

 

連帯保証人になっているということは、住宅ローンの契約時は専業主婦で無収入であるケースかと思います。

 

 

離婚後すぐに収入のある方と再婚するか、それともお勤めされるか、いずれにせよ連帯保証人である限り、完済までは気が抜けません。離婚したということは、連帯保証人という立場に全く影響がないからです。

 

それに、連帯保証人は単なる保証人と異なり、立場上主債務者と同じで「先に元夫に請求してよ」とか
「元夫は財産があるのだからちゃんと調べてよ」と言うことが許されません。この立場を解消することは、難しいと言えます。

 

債権者は返してもらえる可能性をたくさん確保しておきたいからです。

 

連帯保証人には請求できますが、そうでない人はアカの他人です。

 

そう簡単には解消してもらえないでしょう。

 

とはいえ、こんな時にどのような取り扱いをするかというのは、各債権者によって異なりますので、まずはローンを組んだ時の窓口に相談してみましょう。

 

解消するための条件が提示されれば、後はその条件を整えればいいのです。


このページの先頭へ戻る