まずは司法書士に相談

離婚後に自宅の名義を変更したい場合はどうすればよいのでしょうか。

 

自宅の所有権の登記名義人を変更するためには、

 

権利を譲り渡す方の実印と印鑑証明書、

 

権利を譲り受ける方は認印と住民票が必要になります。

 

名義を変更するには、渡す方も受ける方も一定の準備が必要となります。

 

離婚後も連絡を取れるような関係であれば、まだよいのかもしれませんが、

 

離婚するに至った事情によっては、二度と連絡を取ることが

 

できないような関係になってしまうことがあります。

 

しかし、夫婦共有名義のまま放っておけば、

 

その後の不動産の処分の際に困ります。

 

さまざまな方法がありますが、今後のトラブルを避けるために

 

第三者に間に入ってもらうことがよいでしょうし、

 

スムーズに事が進むケースが多いです。

 

まずは司法書士に相談するのはいかがでしょうか。

 

名義変更手続きの実務を代理して行うのが司法書士だからです。

 

財産をめぐる問題に発展して、訴訟等に移行するようであれば、

 

司法書士の判断で弁護士の介入を勧められるかもしれません。

 

そうなって初めて弁護士に依頼すればよいのです。


このページの先頭へ戻る