任意売却にはメリットがある

競売よりも任意売却にするデメリットとは何があるのでしょうか。

 

それは、競売に比べて任意売却は「面倒くさい」ということです。

 

競売は、言い方が悪いかもしれませんが、楽です。

 

競売は裁判所が主導でどんどん進めていってくれます。

 

 

指示は書面や電話で来ます。それに従っていれば、売却まで自動的に進みます。

 

任意売却の場合は、まず不動産業者との打ち合わせから始まり、

 

不動産業者が利害関係者との調整をしていく過程で、

 

都度打ち合わせが必要なこともあります。物件の売り出しを始めると、

 

興味のある買い手が実際に家を見に来るのですが、

 

その時は家を留守にするわけにはいかず、

 

都度対応しなければなりません。買い手が家を見に来るのは

 

大体が土日祝日です。とはいえ、任意売却にはメリットも多く、

 

それを得るための多少の努力はすべきです。

 

任意売却は競売に比べて高く売れますので、売却後の残債務を少しでも

 

多く減らすためにも、そのくらいの苦労は甘受すべきです。


このページの先頭へ戻る